SERVICE

ダンス介護予防指導士コースのご紹介

  • ダンス介護予防指導士とは?

    ダンス介護予防指導士とは? 『ダンス介護予防指導士』とは、文部科学省・スポーツ庁・厚生労働省後援の一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと介護予防の新しい資格です。
    JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス介護予防指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら指導のプロフェッショナルである『ダンス介護予防指導士』を目指し、学習を進めていきます。

    詳細はこちら
  • プログラム紹介

    プログラム紹介 学んでいただく科目は「座学」「実技」「スキル養成」の3つのカテゴリーに分かれています。
    取得する資格によって学ぶプログラムが異なります。また、一度受講された科目であればスクール卒業後も再受講可能ですので、ダンス介護予防指導士の資格を取得した後もスキルアップのためにご活用ください。(参照:各種コース紹介/料金)

    詳細はこちら
  • 各種コース紹介/料金

    各種コース紹介/料金 取得する資格に合わせて3つのコースを設けています。
    資格を取得する為には各種コースに対応した、JDAC主催の「ダンス指導研修会の受講」または「ダンス教育指導士資格取得」および「ダンス療育指導士資格試験の合格」または「ダンス介護予防指導士」の合格が条件となります。
    各コースの受講修了証も合わせて発行していますのでご活用ください。

    詳細はこちら
  • スケジュール

    スケジュール 直近のスケジュールです。
    スケジュールは随時更新されます。

    詳細はこちら
  • 申込方法

    申込方法 プレミア・ケア・スクールへの申込み方法です。

    詳細はこちら
  • スクールの8つの特徴

    スクールの8つの特徴 介護・介護予防について学びながら資格取得を目指すうえで、学びやすい環境を整えていきます。
    ・「ダンスが初心者で心配・・・」
    ・「スケジュールが合うか不安・・・」
    ・学んだ後ちゃんと活かせるか不安・・・」
    ・そんなお悩みをしっかり解決していきます!

    詳細はこちら
  • 講師紹介

    講師紹介 プレミア・ケア・スクールで講師を担当するスタッフの紹介です。
    ダンス介護予防の現場において第一線で活躍しているスタッフや、プログラム開発や研修を担当するスタッフが講師を務めます。

    詳細はこちら
  • 認定ダンス介護予防初級指導員

    認定ダンス介護予防初級指導員 ダンスを通して高齢者の方々の生活の質(QOL)をサポートする基本資格となります。

    【取得方法】
    ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅠ」を受講
    【カリキュラム内容】
    ・高齢者心理学
    ・高齢者疾病基礎知識
    ・ダンス指導理論
    ・コアトレーニング
    ・リズムトレーニング
        +
    認定ダンス指導員資格(初級)を取得
    ※どちらも試験なし

    詳細はこちら
  • 認定ダンス介護予防2級指導員

    認定ダンス介護予防2級指導員 介護現場においてサポートや支援員として活躍する方向け。

    【取得方法】
    ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅡ」を受講
    【カリキュラム内容】
    ・老人福祉法
    ・介護予防概論
    ・ダンスと解剖学
    ・アイソレーション
    ・振付ダンストレーニング
        +
    認定ダンス指導員初級・2級を取得
    ※どちらも試験なし

    詳細はこちら
  • ダンス介護予防指導士

    ダンス介護予防指導士 介護分野に限らず福祉関係などで活躍する方向け。

    【取得方法】
    ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅡ」を受講
    【カリキュラム内容】
    ・ダンススキル養成
    ・指導力養成
    ・現場実習①
    ・現場実習②
        +
    認定ダンス指導員初級・2級を取得(試験なし)・ダンス教育指導士資格を取得(試験あり)

    詳細はこちら